小林ミドリ


小林ミドリ(竹細工作家)

黄綬褒章受章
日本民芸協団最優秀賞3年連続受賞(1978-1980)
新潟県知事賞受賞




       大正3年 :12月10日、新潟県北蒲原群笹神村大字今板において生まれる。
       大正13年:当時10歳の頃より父母(生粋の竹籠職人)の教えを受けて竹籠作りを始める。
       昭和47年:11月日本民芸公募展に初めて出品して最優秀賞を受賞する。
             この頃から今板の竹籠は生活必需品から価値観が変わり、繊細で美しい民芸品として次第に世の脚光を浴びるようになる。
       昭和50年:11月産業振興の功績により笹神村長より表彰される。
       昭和51年:11月日本民芸公募展にて二度目の最優秀賞を受賞する。
       昭和53年:この年より昭和55年の3年間連続して日本民芸公募展の「最優秀賞」を受賞する。
       昭和57年:笹神村の五頭温泉郷ゆかりの竹久夢二がデザインした画からヒントを得て独創的な竹籠を作り上げる。名付けて「夢二籠」である。
             その後この「夢二籠」は大変なブームを呼び、生産が間に合わないほど注文が殺到する。
             同年6月五十有余年間竹細工の優れた技術を認められ社団法人日本民芸協団理事長より表彰を受ける。
             同年11月卓越した技術者として「新潟県知事賞」を受賞する。
       昭和59年:11月14日、日本総理府より永年の功績を認められ宮内庁において「黄綬褒章」を受章し現在に至る。